声帯ポリープ


声帯ポリープとは

 声を出すときは、喉頭の内部で左右に離れていた声帯が中央部で振動することによって発声しています。声帯ポリープはこの声帯に小さな豆のような突出物ができたものです。そのため、声帯が中央でうまく閉じず、隙間があいてしまう状態です。たいていは片側にできますが、時には両側にできることもあります。高度な炎症が長期間続くと声帯全体がポリープ状に腫れてしまうポリープ様声帯といわれる変化を来すこともあります。

 

症状

 声がれが主な症状です。大きなポリープになると呼吸困難を起こすときもあります。

 

原因

 職業的に声帯を酷使する、歌手や幼稚園や学校の先生、保育園の保母さんにしばしば発症します。エアコンの効いた乾燥した室内で、大声でカラオケを歌うことも原因になります。

 

診断

 耳鼻咽喉科医による、舌を引っ張りながら喉頭を覗く間接喉頭鏡による観察や鼻腔内からファイバースコープによって喉頭を観察することによりポリープを確認し診断します。

 

治療

 早期では消炎剤の投与やネブライザーという吸入療法でポリープが消失することもあります。このような治療で改善が見られなければ、入院して全身麻酔下で顕微鏡で見ながらポリープを摘出するラリンゴマイクロサージェリーという手術を行います。ポリープは基本的に良性疾患ですが、まれに悪性化することもあるので摘出したポリープの病理組織検査を行い悪性化の有無を確認します。

 

[ 講座メニューへ戻る ]


このページの先頭へ