慢性中耳炎


慢性中耳炎とは

 急性中耳炎の炎症が高度な場合は、鼓膜が自然に破れて中耳にたまった膿を排泄し炎症を収めようとする自然の働きがあります。炎症が治まればこの穴は自然に閉じ、聴力も回復します。しかし抗生物質がなく治療が不十分だった時代の高齢者の方や、風邪をひきやすい体質の方が中耳炎を繰り返しているうちに鼓膜の穴が残ってしまうことがあります。このように鼓膜の穴が閉じずに慢性的に炎症が続く状態を慢性(化膿性)中耳炎といいます。

 

症状

 鼓膜に穴が開いているために、風呂や水泳の時に外部から細菌が入り中耳に炎症を起こし耳だれを生じます。鼓膜の穴の大きさによりさまざまな程度の難聴が生じます。耳だれを繰り返すうちに内耳に影響が及び、聞こえの神経まで傷んでしまいより高度の難聴になってしまうこともあります。

 

診断

 耳鼻科医が鼓膜の穴を確認し、炎症の程度を観察します。耳だれの細菌検査を行い、細菌の種類や抗生物質の効き具合を判断します。聴力検査によって難聴の程度を測定します。

 

治療

 外耳道や中耳をきれいに清掃や洗浄をして、耳だれを取り除きます。細菌に効果のある抗生物質の内服や点耳薬を中耳に直接入れる鼓室注入などの治療を行います。

 聴力の改善のためには、側頭骨CT検査を行い中耳の状態をよく観察し、鼓膜の穴を閉鎖する鼓膜形成術、長期の炎症で傷んでしまった中耳の耳小骨の連鎖の回復をはかる鼓室形成術等を行います。耳だれが続く時や聴力の悪化を感じるときは早めに耳鼻科医を受診し治療することが大事です。

 

[ 講座メニューへ戻る ]


このページの先頭へ