メニエール病


メニエール病とは

 めまいを主症状としますが、脳の異常ではなく内耳の異常(内リンパ水腫)によってめまいがおこります。内リンパ水腫について説明する前にまず、内耳について簡単に説明致しましょう。
耳の構造は外耳、中耳、内耳より構成され内耳は耳の奥にあり側頭骨内に埋もれています。この内耳は聴覚に関する蝸牛と平衡覚に関する前庭から構成されます。更に前庭には、耳石器(球形嚢と卵形嚢)と3つの半規管があります。

 耳石器は重力など直線加速度を感知し、半規管は回転運動を感知します。

 ここで大切なことは、前庭、半規管、蝸牛および内リンパ嚢(内リンパ液の吸収を行う)が連続した膜迷路という構造でつながり膜迷路の内部は内リンパ液で満たされているということです。内リンパ液の産生と吸収のバランスが、自律神経機能の異常などでくずれた場、内リンパ液が貯留し、内リンパ水腫という状態になり、メニエール病を発症すると考えられています。  

 

症状の特徴

 メニエール病は蝸牛および前庭における内リンパ水腫によって生じるため、難聴、耳鳴り、めまいなどの症状が出現します。

 

症状の特徴

  1. 繰り返す回転性めまい(ぐるぐるまわる)。
  2. めまい発作と同時に難聴、耳鳴りを生じこれらの症状が変動する。
  3. 耳症状(難聴、耳鳴り、めまい)以外の脳神経症状(顔面神経麻痺、顔・体のしびれ、声のかすれ等)がない。

 

 他に、自律神経症状として、吐き気、嘔吐、血圧低下、顔面蒼白、冷や汗を伴なうこともあります。

 

治療

<薬物治療>

  • 静注または点滴 炭酸水素ナトリウム
  • 内服薬 鎮暈剤、鎮静剤、制吐剤、副腎皮質ホルモン剤、利尿剤、循環改善剤

 

<鼓室内注入>

  • アミノ配糖体(硫酸ストレプトマイシン、硫酸ゲンタマイシン)を、注射器を用いて鼓室に注入する。

 

<手術的治療>

  • 内リンパ嚢開放術(聴力は温存される)
  • 前庭神経切断術 (聴力は温存される)
  • 内耳破壊術 (聴力がなくなるため、高度の難聴を有する患者さんのみに行われる)

 

メニエール病と間違えやすい病気

 めまいをおこす病気はメニエール病だけではありません。以下に示すように色々な病気によって生じます。めまいがおきたら、まず原因となる病気が何であるか診断しなくてはなりません。

 

<内耳の疾患>

 メニエール病、突発性難聴、良性発作性頭位めまい症、外リンパ瘻、前庭神経炎、くすりの副作用、遅発性内リンパ水腫

 

<脳の疾患>

 脳血管障害(小脳梗塞、小脳出血など)、脳腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫など)

 

<全身の疾患>

 不整脈、起立性低血圧、高血圧、貧血、低血糖、うつ病

 

[ 講座メニューへ戻る ]


このページの先頭へ