蓄膿症(慢性副鼻腔炎)


はじめに

 副鼻腔とは、鼻腔と交通して空気を保有する骨の空洞です。鼻腔が二次的に広がったものであり、上気道の一部を構成しています。上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形骨洞の4洞があり、粘膜及び周囲の骨壁の炎症を副鼻腔炎と言います。単一の洞にのみ炎症が存在することは少なく、両側性かつ多洞性が多い。古くからの名称として蓄膿症も使われますが、これは洞内に膿がたまっていることを意味しています。

 

病因

 一般的には急性炎症に細菌感染が起こり、この反復により慢性化が引き起こされます。従って、慢性副鼻腔炎の成立には、洞換気及び粘膜の機能が大きく関係していると考えられ、色々な因子が関係しています。

 すなはち、体質、生活環境(気温、湿度変化、排気ガス等)、栄養摂取、細菌の種類、鼻腔や副鼻腔の解剖学的構造、周囲からの感染、アレルギー、自律神経等であります。これらの因子の関与の仕方によって膿性鼻汁を主とするもの、粘膜の浮腫傾向が強くて鼻茸を形成してくるものと病型が異なってきます。

 

症状

 鼻閉、鼻漏、後鼻漏、嗅覚障害を主症状とします。

 

<鼻閉>

 鼻がつまって鼻呼吸がしにくくなる状態をいいます。粘膜の充血、うっ血、腫脹と分泌物の貯留が原因となります。

<鼻漏>

 正常の鼻粘膜は粘液層でおおわれていますが、粘液の量が過剰になり性状が変化した場合をいいます。粘液性・粘液膿性のものが多い。のどに流れるのが自覚されるものを後鼻漏といいます。

 

[ 講座メニューへ戻る ]


このページの先頭へ