花粉症


花粉症ってなあに?

 花粉で起こるアレルギーを総称します。代表的なものとして、スギ花粉などが鼻から吸い込まれたり、目に入ったりすることによって起こるアレルギー症状をいいます。

 

原因

 様々な植物ですが、その代表的なものは前に記載したスギです。スギ花粉症は日本独特のもので、近年とみに増えています。

 スギ以外の原因となる花粉には、カモガヤなどのイネ科の雑草、ブタクサ、ヨモギといったキク科の雑草などがあり、今では40種類に近い植物による花粉症が知られています

 

花粉の飛散時期

 原因となる植物の開花時期によって異なります。原因植物の飛散時期を知っておくことは、予防対策を講じる上で大いに役立ちます。主な原因植物の開花時期及び飛散時期は表に示します。

 

主な原因植物 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スギ(スギ科)                        
ヒノキ(ヒノキ科)                            
スズメノテッポウ(イネ科)                        
カモガヤ(イネ科)                        
ホソムギ(イネ科)                        
ハルガヤ(イネ科)                        
オオアワガエリ(イネ科)                        
ブタクサ(キク科)                        
ヨモギ(キク科)                        
オオバヤシャブシ(ハンノキ属)                            

 

症状

 主に鼻と目に毎年決まってあらわれます。

 

<鼻の症状>

(アレルギー性鼻炎の症状)はくしゃみ、鼻水、はなづまりが花粉症による三大症状です。

<目の症状>

(アレルギー性結膜炎の症状)は目のかゆみです。この他にも充血涙が出る、目やにが出る、目がゴロゴロするといった症状があらわれます。これらは鼻の症状と同時に起こるケースが多くあります。

 

対策

 まず。適切な診断を受けることです。上記症状があれば原因を知ることが大切です。原因を知るには”かかりつけ医”に受診し、原因物質を検索してもらうのがよいでしょう。

 その方法としていろいろありますが、代表的なものは鼻汁検査、皮内反応テスト、血液検査があります。これらでほとんどの原因はわかります。そして、花粉との接触を断ったり、生活環境を改善することが大切です。

  •  適切な治療を受ける 
  • 晴れて風のある日は外出を控える。
  •  室内の花粉の侵入を防ぐ。
  •  雑草が原因なら除草する。
  •  部屋の中はいつも清潔にする。
  •  ストレスを避け、十分な睡眠をとる。
  •  風邪をひかないようにする。

 

[ 講座メニューへ戻る ]


このページの先頭へ